20代で年収300万以下なのに転職しない奴www

つぶやき

私の友人に20代で年収300万以下なのに、「給料安い」と不満を言いつつ会社辞めない人がいます。転職しないの?と尋ねると「転職活動がだるい」とかいいます。

何らかのスキルを身につけるためとかなら仕事続ける理由もわからなくはないのですが、聞くところによると、スキルが身につくわけでもなく、人間関係は悪くなくて居心地いいから働いてる感じでした。

年収300万で会社やめるの躊躇する理由がわかりません。会社に洗脳されているのでしょうか?

守るものなんてないんだから、どうせ給料安いのだから、サラリーマンとしては最下層なのだから、とっとと辞めるべきだろと個人的には思います。

たくさん転職してる私から言わせてもらうと、20代のうちの転職なんてリスクになりません。

給料安いのであれば業界を変えて、年収100万上げることなんて普通に可能です。

30歳超えてから後悔したって遅いです。なぜなら20代はポテンシャルを評価されるチートタイムだからです。

そこからは実績や何ができるのか?を重視されてしまいます。

転職の評価軸は、「実績」と「ポテンシャル」です。若いほど後者が評価されます。

状況を改善したいなら、だるくても一番若い今から転職活動を始めるべきです。

20代のうちに「スキル」や「専門性」を身に着けられなかったらサラリーマンキャリアはオワコンです。

若い頃の転職をさぼっていると、生涯年収で数千万は違いがでてくるでしょう。

30代以降スキルを身につけないと転職は本当に厳しくなっていきます。

今は会社の寿命も短くなってきているので、多くの人が社会人人生で複数社を転々とすることになります。

自分という売り物をどうすれば企業に高く売れるのか?という視点を意識しなければならないでしょう。

これは断言できますが、スキル身につかないのに年収300万以下は即辞め案件です。普通に期間工やってたほうがいいです。いる意味ないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました