人生は運ゲー。この世の中はほとんど9割ぐらい実力ではなく運で決まるという話

人生は運ゲー。この世の中はほとんど9割ぐらい実力ではなく運で決まるという話

どうも、こんにちは。

今日は人生は運ゲーで、この世の中はほとんど9割は運で決まるということについて話していきたいと思います。

「人生が運ゲー」なんて目をそむけたくなる事実かもしれませんが、残念ながらこれがこの世の真実です。

人生は運ゲーである理由は、親でほぼスタート地点が決まるから

「人生は運ゲー(この世は運ゲー)」であるという根拠は自分のスペックは親で決まるからです。スペックが低い高いは親で決まります。

自分のルックスは完全に運

例えば、ルックス。

ルックスは両親から完全に遺伝します。高確率でイケメン美人の子供は美形、不細工とブスの子供はイケメン美人にはなりません。(たまに遺伝子レベルでバグが発生するので100%そうとは言い切れませんが、だいたいカエルの子はカエルです。)

そしてイケメン美人に生まれれば、幼少期から周りにちやほやされるので、子供の自尊心もはぐくまれるでしょう。そして、人との関わりにおいて何らかのポジティブな経験をいつもしてきたので、自身を失い社会との交流をたつひきこもりにはなりません。

さらにイケメン美人であれば、芸能界というキャリアの選択肢も開かれるでしょう。芸能界で成功すれば大金を得ることができます。

顔がいいというだけで、周りからの扱いが変わるのです。

身長に関しても遺伝です。男性にとっては身長が大きいか小さいかで人生が180度変わるといっても過言ではありません。高身長の方が女性にもてますし、仕事でも高い評価を得やすいからです。

しかし、身長に関しては完全に親からの遺伝です。両親が高身長であれば、子供も高身長。両親が低身長であれば、子供も低身長になるのです。

人生を大きく左右する身長も親によって決まります。つまり運です。

学歴も運で決まる。

そしてもう一つ大事なのが、学歴も運で決まる(生まれた家で決まる)ということです。

「そんなわけあるか。学歴なんて努力で手に入るじゃん」と思われたかもしれません。

確かに努力で学歴が手に入るケースもあります。

しかし、それ以上に子供が「勉強」に集中できる環境ということが大切なのです。

私の小学校の同級生にやたらとテストの点数が低い人がいました。小学生のテストといえば、80点以上はみんなとります。

しかし彼は50点前後なのです。

彼と話しているとすぐにその理由がわかりました。彼は新聞配達のバイトをしていたのです。家が貧乏で新聞配達のバイトをしてお金をいれていました。

そのせいで朝は早く起きなければならず、学校では眠くなっていました。勉強に集中できず、金がないので塾に通うこともできないのです。

このような環境の子供は勉強に集中できません。親がリッチで塾へ通わせてもらっている子供に勉強に勝てるわけがないのです。

中学高校も親が裕福であれば、塾へ通わせてもらったり、私立の有名進学校へ入れてもらうこともできます。

しかし、親が貧乏であれば、塾へは通えないですし、私立には入れません。場合によっては家にお金をいれるためにバイトをしなければなりません。まったく勉強に集中できる環境ではありません。

このような子供が難関大学へ合格し学歴を手に入れるのはとても難しいのです。それゆえに学歴は生まれた家で決まるといえるのです。

そして学歴があれば、高い給料の企業へ入社することができますが、学歴がないと薄給の中小企業でサラリーマンをやらなければなりません。

給料が低いと社会人になってから金に困るので結婚相手を探すどころか恋愛にも躊躇するようになります。

学歴も大きく人生を左右します。

生まれる場所も運

生まれる場所とは当然親が住んでいる場所なので、これも運ですね。東京に生まれた人と地方で生まれた人では人生ゲームの難易度がまったく違います。

地方出身の人は地元では給料の安い仕事しかないので、上京せざるを得ません。しかし、上京するにも家を借りたりと金がかかります。

会社を辞めたら家賃が払えなくなるので、会社を辞めることも難しいです。しかし、東京に実家がある人は、東京でフリーターをやっても生きていけます。

東京で仕事をして辞めたとしても実家に帰って転職活動をすればいいだけです。

実家の場所によっても人生ゲームの難易度はだいぶ大きく変わりますね。

スポーツできるか否かも運

運動神経とやらも親の遺伝子を受け継いでいるので、運動できるか否かも親で決まります。

スポーツの才能のあるなしは小学生にもなればわかると思います。

両親が運動できれば、子供もエリートアスリートになれます。場合によってはプロのスポーツ選手になって若いうちから億単位の金を手に入れることもできるでしょう。

スポーツできない時点でスポーツで食っていく道は閉ざされてしまいます。

たまに、自分がプロになれなかったからといって子供をプロにするために奮闘している親とかいますが、あれ「自分の遺伝子を引き継いでいる子供だからプロになれないかもしれない」とか思わないんですかね。

3つの運ゲームに負けた人たち。

私もそうですが、世の中の大半の人って、

・芸能界で成功できるほどのルックスを持たない
・プロになれるほどスポーツできない
・給料が高い大企業に入れる学歴がない

だと思います。

で、そういう人の末路ってだいたい「中小企業」の社畜です。たいして給料をもらえない企業で長時間労働することになります。

だからお金も時間もない。人生がつまらない。そういう風になってきます。

私は今ニートなんてそれに気が付きました。

「あ、芸能人にもなれず、スポーツ選手にもなれず、大企業にも入れない自分は中小企業の社畜になるしかないんだ」って。

悲しいことに何も考えずに生きていたら、

自分の末路は中小企業のリーマンやりながら、妥協して結婚して嫁と子供に金を吸い取られて自分のやりたいことをひたすら我慢して生きる人生か

たいして給料をもらっていないの「独身貴族」と自分をごまかして生きる薄給リーマンのどっちかだなと思いました。

もちろん、私そんなの嫌です。

だから、一つの結論にたどり着きました。

自分で商売をやるしかない。

そうしないと将来は悲惨だから。

たぶん私以外のほとんどの人もさっき言った上2つのどっちかになると思いますよ。このまま何もしないと。

だって、学歴もない、スポーツもできない、芸能人レベルの顔面もない人はどう考えても中小企業で社畜やるしかないから。

中小企業のサラリーマンなんて勤め続けていても大していい結果にはならないですからね。

さっきもいったとおり、金に困りながら妥協して結婚した嫁と結婚生活を送るか、さほどお金もない独身貴族になるだけです。

正直、空しい人生だと思います。

それが嫌なら自分で商売して金稼ぐしかないわけです。

結局のところ学歴、顔、スポーツの運ゲーに負けた人が敗者復活戦するには「ビジネス」しかないでしょうね。

現在ニートの私はそう思っています。