仕事をすぐ辞める人の特徴と理由と天職を見つけるにはどうすればいいのか解説します。

仕事をすぐ辞める人の特徴と理由と天職を見つけるにはどうすればいいのか解説します。

「仕事をしてもすぐに辞めてしまう・・・」
「転職してもいつも長続きしない・・・」
「就職したばかりだけど、もう辞めたい」

そんな悩みを持っている方は多いでしょう。

何とかして次は、自分に合う仕事を見つけて、長く続けていきたいですよね。

そこで、今回の記事では、仕事をすぐに辞める人の特徴と理由、そして、長く続けていける仕事(いわゆる天職)を見つけるにはどうすればいいのか、ということについて解説していきます。

仕事をすぐに辞める人の特徴と理由

それでは、まずは 仕事をすぐに辞める人の特徴と理由について紹介します。

協調性がない

協調性がない人は、仕事をすぐに辞める傾向があります。このような人は周りとなじもうという発想がないので、必要最低限のコミュニケーションしかとろうとしません。

すると、周りの人からも「あの人はあまり話さない人」と思われて、話しかけられる機会がどんどん減っていきます。

その結果、周りがみんな楽しそうに会話しているにもかかわらず、自分ひとりだけはぶられていると感じるようになるのです。

職場の人と仲良くしすぎる必要はないですが、話しかけられたら愛想よく返したり、あいづちをうったり、質問をしたりして、ちょっとした雑談ぐらいには応じた方がいいでしょう。

あまりにも協調性がない人は、あいさつさえしないかもしれませんが、それは絶対にNG。「おはようございます」「お疲れ様です。」などの基本的な挨拶は必ずしましょう。

人とかかわるのが嫌でも、組織に所属する以上は、最低限の挨拶や会話はやらなければなりません。仕事だと思ってこなしましょう。

忍耐力がない

忍耐力がない人もすぐに会社を辞める傾向にあります。

ちょっと怒られたり、注意されただけでやる気をなくしてしまうとか、俺にはこの仕事は向いてないかもしれないと考える人のことです。

実際のところ、仕事なんてすぐにはできるようにはなりません。一人前になるまでに1年はかかるものです。

3か月や半年やそこらで、仕事のことなんてわからないですし、ミスをして当然なのです。

最初からうまくできないのは当たり前です。失敗を何度も繰り返すからこそ、正しくできるようになるのです。

忍耐力がない人は、もうすこし我慢して仕事を続けてみてはいかがでしょうか。

理想が高い

「給料」や「労働時間」、「やりがい」と全てにおいて高い理想を持っている人がいます。理想が高いのは悪いことではありませんが、理想と現実を比較して、すぐに転職してしまう人がいるのもまた事実です。

しかし、たいていの場合は、自分の理想とする仕事にはつくことができません。給料が高くて、残業がなくて、やりがいがある。そのような仕事は仕事ができて生産性が高い人だけが就くことができます。

生産性が低くて、仕事のやる気がない人には、それなりの仕事にしか就くことができないのです。

恋愛に関しても、自分の身の丈にあった異性しかGETすることはできませんが、仕事においてもそれが当てはまります。

ブラック人材にはブラック企業しか道は残されていません。

理想の職場で働けるのはやることをやった人だけです。基本的に非エリートの人はどこかの会社で下積みをして、実績を出すところからスタートする必要があります。

その過程を飛ばして、いきなりホワイトな職場で働くことはできません。理想をかなえるためには、それなりの代償を払わなければならないのです。

それを理解できない人は、自分の価値を高めることをせずに「もっといい職場があるはず」と血眼になって、転職を繰り返す傾向があります。

そもそも会社員に向いてない

人に指示されるのが嫌だとか、朝起きれないとか、会社員に向いていない資質がある人もこの世には存在します。

そういう人が会社員を続けていても、そのうち違和感を感じ、会社を辞めたくなる気持ちになるでしょう。

会社員に向いてない人は、どこの会社に勤めても、会社を辞めたくなるでしょう。

このタイプの人は、会社に雇われることだけを考えるのではなく、自分で商売をして生きていくことを検討すべきです。

今の時代、起業のハードルはものすごく低いです。

今であれば、ブログやYoutubeでもお金が稼げるので、まずはそれから小さくスモールビジネスを始めてみるのもいいでしょう。

スモールビジネスで、会社員の給与よりも稼げればそれで食っていけますね。

この世のだれもが会社員に向いているわけではなく、フリーランス向きの人やか起業家向きの人もいるのです。

会社を辞めることを繰り返している人は、自分に会社員という生き方が向いているのか、振り返ってみるといいでしょう。

天職(自分にあった仕事)を見つけるにはどうすればいいのか?

それでは、次に 天職(自分にあった仕事)を見つけるにはどうすればいいのか? 解説していきます。

1.グッドポイント診断を受ける

自分にあった仕事が分からない方は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみてください。

グッドポイント診断では、自分の強みだけではなく、向いている仕事や職業の傾向等もわかります。

まずは、これをやってみれば、自分の適性にあった仕事がわかりますので、ぜひやってみてください。

>>>グッドポイント診断はこちら

2.転職エージェントに相談する

「何がやりたいのかわからない」
「今の仕事を辞めて、転職したい」
とお悩みの方は一度、転職のプロであるエージェントと相談してみてはいかがでしょうか。

誰かと話しをすることで、思わぬ道が開けたりします。

たとえば、「あれがしたいです!」といったら、「なぜあれがしたいのですか?他の○○ではダメなのですか?」と聞かれることで、自分では気が付いていなかったことに気が付くこともあります。

天職を見つけたいという方は、転職エージェント等の第三者と会話して、就職相談してみることで、新たなアイデアや道が思いつくかもしれませんので、仕事に悩んでいる方は、一度就職エージェントに相談してみることをおすすめします。

就職エージェントの中でも就職SHOPは、カウンセリングをしっかりと行ってくれて、内定まで何回も面談可能ですし、紹介する求人は書類選考がなく、受けることができるので、比較的内定を獲得しやすいです。

現状に悩まれている方は、一度就職SHOPへ足を運んでみてください。

>> 就職Shop はこちら

終わりに:あなたはまだ自分に合う仕事にあえてないだけ

あなたは仕事をすぐに辞めてしまうということで悩んでいるかもしれませんが、それはただ単に自分に合った仕事に出会えていないだけなのかもしれません。

向いてない仕事を続けられるほど人間は強くはないので、向いてない仕事を続けると精神的、肉体的にも負荷がかかってきます。

そのような場合は、すぐにほかの仕事に移るための行動に移った方がいいでしょう。

今回、お伝えした方法を参考に、自分に合う仕事を探してみてください